雪深い高田の街に、

レルヒさんと言う習いコックがいました。

 

レルヒさんはフランス料理を勉強したいと

地元を離れ、修行に出ました。

 

ですが、何をやってもうまくいか

失敗しては叱られ、頑張っては空回りばかり。

そんな毎日を過ごすうちに、

レルヒさんは料理をする楽しさを

忘れていってしまいました。

 

ある吹雪の日、彼のもとに父がやってきました。

父は何も言わずに、プレゼント手渡しました。

中にはそれは小さなストーブが1つ…。

レルヒさんは嬉しくて、涙がこぼれました。

その小さなストーブは、

大きな大きな薪ストーブのように

ても暖かく感じられたのです。

その後レルヒさんは諦ずに、

せっせフランス料理の修行を続け、

地元上越に帰ってくることを決めました。

「上越のたくさんの人に、もっとフランス料理を

食べて欲しい。地元の人がなじみやすく、

気軽に入れる、そんなお店はできないものか。」

そんな思いが強くなっていた頃に、

一軒の古いお家と出会いました。

誰もが懐かしく感じるようなこの空間なら、

地元の人になじみやすいフランス料理店ができるはず

新たなレルヒさんのストーリーが始まりました.。

〜続きの物語はお店で〜

  • Instagramの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル